2015/0316

クリコムちゃんアニメぼくの力作!手作りチュロス!!

こんにちは!僕モリモーリだよ!

今日は僕のホワイトデーの前日の様子を日記にしてみたよ!

 

0316-1

 

今日は3月13日・・・明日はなんか大事な日だった気がするぞ・・・。

!!!そうだ!!明日はホワイトデーか!!何にも用意してないや。

どうしよう・・・。お母様に相談しに行こうかな・・・。

 

 

0316-2

 

モリモーリ「イエーイ!!モリモーリ星までひとっとび〜!!」

お母様にお小遣い貰って、ついでに僕用のお菓子も買おうかな〜!!

それともメイドさんに代わりに作って貰おうかな〜。」

 

と考えている間にあっという間にモリモーリ星に到着!!

 

 

 

0316-3

モリモーリ「お母様〜!!ただいま〜!!お小遣いくれ!!」

 

王女「7世ちゃん♡久しぶりね♡え?何に使うの?」

 

モリモーリ「キャラコム星では2月14日のバレンタインデーに

チョコを貰った人は、3月14日のホワイトデーにお返しを

しないといけないんだ!!僕チョコ貰ったからお返ししないと

いけないんだよ〜!!」

 

王女「そうなの。7世ちゃんはチョコ貰えたなんてすごいじゃない!!

モテモテなのね♡♡せっかくお返しするなら7世ちゃんが

手作りお菓子をプレゼントしたらどうかしら??私も協力するから♡」

 

モリモーリ(ちぇっ。本当はお小遣い貰おうかと思ったんだけど・・・。

まぁいいか)

「わかったよ〜。お母様一緒に作ろ!!でも何を作ろうかなぁ。」

 

王女「私ね、丁度作ってみたい気になるお菓子があったの★」

 

0316-5

 

王女「じゃーん!!この前チラシで見つけてとっても

美味しそう!食べてみたいって思ったのよ♡」

 

モリモーリ「これは・・・??」

 

女王「チュロスっていうみたいよ♡♡なんだか簡単そう

じゃない??」

 

モリモーリ「うん!チュロスって何から作られているんだろう。

お母様わかる??」

 

王女「う〜ん。木かしら?木を柔らかくなるまで炊いて、

揚げてみましょうか。」

 

モリモーリ「さっすがお母様!!」

 

王女「木のまわりについている白い粉はかたくり粉かしら??

あとは色々と・・・ざっと材料はこの位で大丈夫かしら?」

 

モリモーリ「お母様完璧だよ〜!!」

 

0316-4

 

王女「じゃあ、チュロスの材料メモしといたから、

買ってきて下さいな♪」

 

メイド「え・・・これで本当にチュロスを作るのですか??」

 

モリモーリ「絶対美味しいチュロスになるよ〜!!

・・・僕チュロス食べた事ないけどね!!」

 

メイド「わ・・・わかりました。急いで買ってまいります。」

 

食材が揃ってから2時間後・・・・

 

0316-6

 

モリモーリ「お母様!!完成したよ!!写真そっくりじゃない!?」

 

王女「本当ね♡7世ちゃんとっても上手よ!!

味もこれなら喜んで貰えるんじゃないかな?

私が食べ過ぎちゃって、最後の1個に

なっちゃったものね♡」

 

モリモーリ「ありがとう!!お母様!!ラッピングして、

明日クリコムちゃんに渡せるよ!!・・・・あれ?」

 

0316-7

 

モリモーリ(し・・しまった〜!!!オネエの分とっとくの

忘れた〜!!!ど・・・どうしよう・・・。)

 

女王「どうしたの??7世ちゃん・・・」

 

モリモーリ「もっ・・・もう一人分必要だったんだよ・・。

もう材料も残ってないし・・どうしよう〜!!」

 

王女「仕方がないわね〜。じゃあもう一人はもう買ったら〜??

もう私作るのは疲れちゃったわ〜。はい、お小遣い。」

 

モリモーリ「ありがとう!お母様!!」

(やった〜!!オネエには安い物を買って、おつりで

僕のおやつでも買お〜♪♪)

 

 

0316-8

 

 

3月14日にクリコムちゃんにチュロスを無事渡せたけど、

クリコムちゃん食べてくれたかな〜♪♪

クリコムちゃんが美味しいって絶賛してくれたら、

モリモーリ星の名物にしてもいいかもな〜★

 

 

2014/126

モリモーリ君がコメコ村に戻ってきた訳・・・にぃ♪

こんばんくりこむ♪♪

モリモーリ君のお誕生会の日、モリモーリ星に

帰ってきてもいいと言われて、コメコ村の

みんなとお別れしたモリモーリ君だったんだけど、

丸一日で、コメコ村に戻ってきたんだにぃ!!

戻ってきた理由を聞いても、あいまいにしか答えないんだにぃ。

 

1206-1

 

オネエが気になって、「モリモーリ星に行って真実を聞きにいかない??」

って今日クリコムを誘ってきたんだにぃ♪♪

クリコム、今日はとっても暇だったから、オネエとモリモーリ星に

お出かけしたんだにぃ♪♪

 

あっという間にモリモーリ星に到着にぃ♪♪

モリモーリ星はいつ行っても気温が20℃前後で本当快適だにぃ♡

 

1206-3

 

オネエ「お父様〜!!オネエです!!おじゃましますね〜!」

 

クリコム「おじゃましますにぃ★」

 

王様「あ〜!!忙しい!!忙しい!!7世がしでかした

せいで、今週はずっと忙しいぞ〜!!!」

 

クリコム(何だか王様とってもパニクっているにぃ・・・。

お邪魔しても大丈夫なんだろうかにぃ・・。)

 

 

1206-2

 

王女「いらっしゃい♡♡オネエちゃんに、クリコムちゃん♡

王様ね〜、7世が問題起こしてから、ずっと忙しくて

ちょっとイライラしているの♡今お茶入れるから、

むこうのお部屋でお話しましょ♡♡」

 

クリコム(今度は一体何をしでかしたんだにぃ・・・。)

 

オネエ「お気遣いありがとうございます。お母様。

私も手伝いますわ♡」

 

王女「あら、オネエちゃん♡とっても気が利くのね♡♡

ありがとう♡」

 

 

1206-4

 

王女「ところで、今日は何しに来たのかしら??7世は

コメコ村に帰ったはずよね〜♡♡」

 

オネエ「はい、学校にも戻ってきました。あの、モリモーリ星で

モリモーリは何をしでかしたんですか??モリモーリ

ちっとも私に教えてくれなくて・・・。気になって

お母様のところまで来ちゃいました♡」

 

王女「あら、そうなの!彼女のオネエちゃんにも教えない

なんて、7世駄目ね〜!!オネエちゃんはモリモーリ星に

帰る為に引っ越しの準備をしていたから、7世がした事を

知らないのね!!実はモリモーリ星民を騒がせる問題を

起こしちゃったのよ。今は、王様の権力で、星民達も落ち着いて、

何事もなかったかのようになっているんだけど、大変だった

んだから〜。

じゃぁ今から詳細を話すわね♡♡」

 

 

1206-5

 

※注意:ここからは王女の妄想も含まれています。ご注意ください!!

 

王女「お誕生会が終わったあと、7世が、

お父様とお母様と今日は一緒に寝てもいいですか?って言うから

仲良く川の字で寝たの。そこまでは良かったんだけど、」

 

 

1206-6

 

王女「寝る前に、7世がこれで僕も王様に一歩近づけるかな?

って言ったの。それに王様が、お前のがんばり次第できっと

いつかなれるはずさ。って言っていたの。きっとそのとき7世は

勘違いを起こしてしまったの。」

 

 

1206-7

 

王女「次の日、私たちが起きた頃には7世はもういなかったの。

早朝から、工事の音がうるさいと思っていたら、工事していた

のは7世だったの。」

 

 

 

1206-8

 

王女「7世は早朝から、人を雇って自分のほこらを

作りあげていたの。」

 

クリコム(すっごく悪趣味だったんだろうにぃ・・・。)

 

王女「もちろんそんなほこら、すぐにとり壊ししましたよ。」

 

クリコム(よかったにぃ・・。)

 

1206-9

 

王女「ほこらにモリモーリ星の記者を呼びつけ、7世は

みなさんビックニュースがあります!7世は今日から

モリモーリ星の王様になります!!今の王様は引退

しま〜す!!とデマを記者達に伝えてしまったの。」

 

 

1206-10

 

王女「その日の夕刊をみた、モリモーリ星民達は

大パニック!!何で7世なんだ!!と苦情

が相次いで、本当大変だったんだから!」

 

オネエ「そんな事があったんですね。」

 

王女「そうなのよ。他国まで情報が流れてしまって

7世が王様なら貿易は無効にしてくださいという

国が出てきて、もう相当やばかったわよ。」

 

1206-11

 

王女「この記事を見た王様は7世に事情を聞くと、

7世はただ、モリモーリ星に帰還しました。

次王様になるのは僕だからよろしく!!・・・的な

事を言ったと言っていたけど、私はそんな事ないと

思うの。それ位なら、記者もこんなに騒ぎたてないわ。

怒った王様は、「お前がモリモーリ星にいると厄介事が

増えるだけだから、コメコ村にいたほうがいいわ。」

と言って、再度コメコ村への留学命令を出したの。」

 

 

1206-12

 

王女「その後、1世のニュース番組で、モリモーリ星民

に夕刊は誤報だった事を伝えて、大分騒ぎはおさまったのよ。」

 

 

1206-13

 

 

 

クリコム「そんな事があったんだにぃ〜。」

 

オネエ「わかったわ。じゃあ当分モリモーリはコメコ村に

住むのね。」

 

王女「そうね。そっちの方が、モリモーリ星は平和になるし、

コメコ村では7世楽しくやってるんでしょ♡一石二鳥だわ♡

・・・あ、オネエちゃんごめんね〜。もう引っ越しの

準備終わっちゃったわよね・・・。」

 

オネエ「いいんです♡また違うマンション探しますから。」

 

クリコム「そろそろ、帰らなくっちゃにぃ。」

 

王女「そうね。今日はわざわざ来てくれてどうもありがとうね♡

これからも7世と仲良くしてあげてね♡」

 

クリコム「分かったにぃ〜♡」

 

こうして、クリコムとオネエはコメコ村に帰りましたにぃ♪♪

 

 

明日は日曜日、うさぎさんとでも遊ぼうかにぃ〜♪♪

みなさんはどんな休日過ごしますかにぃ??

それでは、おやすみなさいにぃ♡♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014/0827

モリモーリ君の自由研究発表にぃ♪

こんにちくりこむ♪♪

 

今日から学校で、夏休みの宿題だった

自由研究を一人づつ発表していく授業があったんだにぃ♪

今日はモリモーリ君がモリモーリ星について

発表したんだにぃ♪

 

8-27-1

 

モリモーリ「僕は自由研究で、僕のふるさと、

モリモーリ星について調べました。」

 

続きを読む

Top