2014/0212

クリコムちゃんアニメモリモーリ星でお土産お披露目にぃ~後編にぃ~

こんばんくりこむ♬
モリモーリ星の新しいお土産を開発したクリコム達は
昨日モリモーリ君のお父さん(王様)に味見をしてもらうため、
モリモーリ星に行ったんだにぃ☆★
前編はこちらにぃ♬
→http://kuricomm.seesaa.net/article/388093450.html
2-11-6.jpg
(味見をしてもらうつもりが何故か審査される事になって
とっても緊張するにぃ。でも今まで頑張って来たんだから
ちゃんと食べて貰わなくっちゃにぃ♬)
2-12-1.jpg
クリコム「これは、はんぺんの中に、ハムとチーズと炒り卵が入って
     いますにぃ。」
オネエ「烙印はモリモーリの顔になってますが、好きに変更しても
    かまいませんよ。王様の顔にするのもいいと思いますよ。」
クリコム「モリモーリ星の特産物である、卵も入ってるし、屋台で販売しやすい
     商品にぃ☆」
2-12-2.jpg
王様「うん!味はとってもいいよ!!烙印もいいね〜!!
   なんか売れそうな気がしてきたよ!!お前はどう思う??」
王女「ええ、私もそう思うわ。いままであなたがおっしゃった事に
   間違いなんてなかったから、それでいいんじゃないかしら。」
キノコ「ホントカヨ・・・」
王女「え??何か言ったかしら。」
キノコ「アッ・・・ ナンデモナイゾ!!」
10世「味はいいぞ!!」
キノコ「オマエ ミルクシカ ノンデナイジャナイカ!!」
王様「なんなんだ!!そのキノコは!!」
オネエ「え?なんのことかしら。何も言ってませんよ。
    気のせいですよ。」
王様「そうかね??まぁいいだろう。みんな大変よく頑張ってくれたね。
   ありがとう。これをモリモーリ星の新しいお土産として
   前向きに検討してみるよ。」
2-12-3.jpg
クリコム「やったにぃ〜!!よかったにぃ♬モリモーリ君☆」
モリモーリ「よかったよ〜!!これで商売繁盛したら、僕もこの星に
      帰りやすくなるよ!!」
という事で、レシピをメイドさんに渡してクリコム達は
お家に帰ったにぃ♬
近日お土産レシピを載せますにぃ〜♬
お楽しみにぃ☆★
   

2014/0211

モリモーリ星でお土産お披露目にぃ〜前編にぃ〜

こんばんくりこむ☆★
新しいお土産を開発したので王様(モリモーリ君のお父さん)
に試食してもらう為に日帰りでモリモーリ星に行く事になったんだにぃ♪
2-11-1.jpg
クリコム「キノコさん達、オネエ、おはくりこむ〜♡」
2-11-2.jpg
オネエ「おはよう。いよいよね。準備はいいかしら。」
クリコム「準備おっけーにぃ♡♡あれ??キノコさんどうしたにぃ??」
キノコ「ミドリノヤツ スゴク タカイトコ ニガテラシイゾ」
   「ブルブル・・・」
   「ダイジョウブカ?? ミドリ!!」
オネエ「でももう出発の時間だし、モリモーリが先に行って
    待ってるから、もう乗ってもらうわよ!!」
2-11-3.jpg
オネエ「よし!!みんな乗ったわね!!とばすわよ〜♪」
キノコ「ヒィィィィィ〜!!」
クリコム「れっつごーにぃ♡♡」
1-11-7.jpg
オネエ「ここがモリモーリ星よ。」
キノコ「ププ・・・。ホシミレバ ワカルヨ。」
   「キモイ。」
   「ツッコミドコロ マンサイ ダネ」
クリコム「・・・・・・・」
オネエ「さぁ着いたわよ!!」
2-11-4.jpg
クリコム「あれ??オネエサングラスするのかにぃ??」
オネエ「そうよ。前みんなで歩いたときに注目を浴びちゃったからね。
    一応わたしオネエ界のカリスマモデルだから♪」
キノコ「エエッ!!!」
オネエ「あら?知らなかったの??」
キノコ「・・・・」
オネエ「さて、モリモーリのお家に着いたわよ。」
1-12.jpg
キノコ「!!!!!!」
(アイツ ホントウニ オウジ ナンダナ。
 スゴイ オウチダ・・・。
 ソレニシテモ アクシュミダゼ・・・。)
オネエ「王様、入りますよ。」
2-11-5.jpg
王様「やぁ!!オネエ!!久しぶりだな!!待っていたぞ。」
キノコ(ヤベエ!! ミンナ ニスギデ ウケル!!
    コノホシ コンナノ シカ イナイノカ!!
    ワライヲ コラエルノデ セイイッパイダゾ!!)
モリモーリ「おい!!9世!!僕のパンツかえしてよ〜!!」
9世「いやだも〜ん♪」
王様「さ〜て、新商品を持って来てくれ〜!!妻と10世が
   審査するぞ!!」
2-11-6.jpg
クリコム「オネエ、審査だってにぃ〜!!なんかドキドキするにぃ!!」
オネエ「大丈夫よ!!あれだけ頑張ったんだもん!!さぁ、出しましょ!!」
ドキドキドキドキ・・・・
後編に続くにぃ♪♬

2014/0127

モリモーリ君復活にぃ♬

こんにちくりこむ♬
今日のコメコ村は、先週雪が降っていたのが嘘みたいに、いいお天気だったにぃ。
クリコムいつもは学校に着くの遅い方なんだけど、今日は早めに着いたんだにぃ♬
1-27-1.jpg
クリコム「今日はモリモーリ君来るかにぃ〜。」
オネエ「昨日通信したら、元気そうだったから大丈夫だと思うわよ。」
キノコ「デモ モウガッコウ ハジマッタゾ」
   「ズル ヤスミカ??」
   「ネボウ シタカ。」
クリコム「う〜、心配だにぃ〜。」
1-27-2.jpg
モリモーリ「ふ〜!!おっはよ〜!!寝坊しちゃったよ〜。」
キノコ「アイツ テブラデ ガッコウ キテルゾ!!」
モリモーリ「あっ!!忘れてた〜!!あははは。まぁいいよね〜。」
キノコ「ヨクナイゾ!! コイツ ナニシニ キタンダヨ!!」
   「マタ イツモノ アホガ フッカツシタナ!!」
   
1-27-3.jpg
クリコム「でも本当良くなってよかったにぃ・・・」
オネエ「良かったわ〜!!!クリコムのお母さんがいなかったら私がずっと
    看病してあげたのに〜!!!看病時に着るナース服まで調達したの
    にお披露目出来なくて残念だったわ〜。次風邪ひいたときは、私が
    看病するからね〜♡♡」
モリモーリ「・・・うん、そ・・・そうだね。」
(良かった〜。クリコムのお母さんに助けられたな。もう風邪は引かないように
 気をつけないと・・・・。)
なにはともあれ、モリモーリ君が元気になってくれて本当に良かったにぃ♡
あのあとモリモーリ君は遅刻したのと、学校に手ぶらで来たので、
アイス先生に怒られていたにぃ〜。
(今日1日クリコムが教科書みせてあげたにぃ♬)

Top