2014/0112

クリコムちゃんアニメ初☆モリモーリ星にぃ♬ ☆中編にぃ☆

こんばんくりこむ♪
1-11-7.jpg
クリコムオネエの乗り物に乗って、モリモーリ星に行く事に
なったんだにぃ♪
前編はこちらにアクセスにぃ♪
   →http://kuricomm.seesaa.net/article/384897924.html
1-11-8.jpg
(ふ〜到着したにぃ♪)
クリコム「あっ!!モリモーリくん☆」
モリモーリ「待ってたよ〜♪♪僕のお家へ案内するね〜!!」
1-12.jpg
クリコム(・・・・すごい豪邸にぃ!!モリモーリくんって
     本当に王子様だったんだにぃ・・・。)
1-11-9.jpg
王様「初めまして。モリモーリ7世の父です。」
クリコム(そうだったにぃ・・・モリモーリくん10人兄妹
     の7番目なんだにぃ。忘れてたにぃ。)
王様「こいつはどうしようもないくらい出来が悪くて、
   留学先のコメコ村の皆様にはいつもご迷惑かけてすいません。
   クリコムさんとお父さんお母さんには息子が小さい時から
   お世話になりっぱなしで、今までモリモーリ星に招待出来なくて
   申し訳なかったです。
   今日と明日はモリモーリ星を満喫して下さいね。」
モリモーリ「実はお正月にオネエの作ったおまんじゅうを
      お父さんに渡したら気に入ってくれて、僕もこうして
      お城にいられるんだ〜♪」
オネエ「わたしもいたんだけど、住民の冷たい視線に耐えられなかった
    わよ。もっとわたしに感謝しなさいよね!!」
モリモーリ「はい・・・・。」
1-11-10.jpg
メイド「王様のメイドでございます。今日は私がモリモーリ星を
    みなさまに案内させて頂きます。」
クリコム「かわいいメイドさんにぃ〜♡♡観光楽しみにぃ♪」
そして街中観光にぃ・・・・
1-11-11.jpg
ガイド「あちらにみえますのが〜」
(なんだなんだ?栗の女の子がいるぞ??)
(モリモーリ7世といるぞ!!)
(モリモーリ7世といるとなんて変わった栗だ!!)
(隣にいるのはオネエ界で有名なオネエじゃないか!!)
 ざわざわざわざわ・・・・・
クリコム「・・・・・・」
(このまちモリモーリくんの顔がいっぱいいるし、なんか
 ざわざわ聞こえてきて嫌だにぃ〜。栗の女の子がそんなに珍しいのかにぃ?
 早く帰りたいにぃ〜。)
注目も的の中、なんとか観光を終えてお城に戻ったにぃ。
早く寝て、コメコ村に帰りたくなったにぃ〜。((人д`o)
これがほーむしっくってやつかにぃ??
モリモーリくんの兄妹はまた後日紹介するにぃ♪
明日の後編に続くにぃ♪♬

2014/0111

初☆モリモーリ星にぃ♬ ☆前編にぃ☆

こんにちくりこむ♬♪
クリコム、モリモーリ君のお父さんからお呼ばれされちゃったにぃ♪
オネエの乗り物に乗って今日モリモーリ星に行くんだにぃ♪♬
1-11-1.jpg
クリコム「オネエがきたにぃ〜♡♡」
1-11-2.jpg
オネエ「おまたせ〜♬準備はできた〜??」
クリコム「出来たにぃ〜♡♡」
1-11-3.jpg
クリコム母「え!?こんな格好でいくの??
      折角モリモーリ星に行くんだからお洒落しなくっちゃ」
クリコム「え!?」
クリコム母「オネエちょっと待っててくれない??」
・・・・・・・・・・数分後・・・・・・・・・・・
1-11-4.jpg
クリコム母「お待たせ〜♡♡」
オネエ「全然いいわよ〜♬」
クリコム「・・・なんでこんなにお洒落するのかにぃ〜??」
クリコム母「モリモーリ星着いたらキャラコム星のアイドルですって
      いうのよ。」

クリコム「・・・・・・・(;´д`)行ってくるにぃ。」
1-11-5.jpg
クリコム母・父「行ってらっしゃい〜♬」
1-11-6.jpg
クリコム「ドキドキにぃ〜♡♡コメコ村がもうこんなに
     小さくなっちゃったにぃ〜!!」
オネエ「すぐ着くからね〜♬飛ばすわよ〜♬」
1-11-7.jpg
オネエ「見えてきたわよ♬」
クリコム「・・・・」
星までモリモーリ君そっくりにぃ・・・。
何か先がおもいやられるにぃ・・・。
中編に続くにぃ・・・。

2013/126

モリモーリくん里帰り日記☆

こんにちくりこむ♬

今日はモリモーリくんのお話にぃ★☆

先週帰省していたときの出来事にぃ♪
12-6-1.jpg
ここはモリモーリ星☆☆

モリモーリ星はたまごがとっても有名な星。

キャラコム星で食べられているたまごは100%

モリモーリ星産です。

モリモーリくんは実はモリモーリ星の王子様!!

(兄弟は10人いて、モリモーリくんは上から

7番目の王子様です。)

今は修行中ということで、キャラコム星で勉強中。

たまーにお父さんの許しを得て帰省するのですが、

王様になる為、あらゆる仕事を任され、

お父さんに試されているのです。
12-6-2.jpg

 

モリモリモリモリモリモリモリ・・・・

モリモーリ「みんなただいま〜!!」
12-6-3.jpg

 

モリモーリ「お父さんただいま!!」

 

王様「おかえり!!さぁ!!早速仕事の

説明をしよう!!」

 

モリモーリ「え〜!!」

 

王様「今回のプロジェクトは、

新しいお土産の開発だ!最近モリモーリ星にも

観光客が沢山くるようになって新しいお土産を

作りたいのだが、わたしはこの通り忙しい。

おまえが責任者になって、作ってくれないか??」

 

モリモーリ「今回のプロジェクトは楽勝っぽいね!!

さっさと片付けるよ!!行ってくる!!」

 

王様「待て!!!試作品が出来たら必ず持ってこいよ。

わたしがチェックをするからな!勝手に売るなよ!」

 

モリモーリくん、王様の言う事を最後まで聞かずに工場へ

行ってしまいました・・・。

 
12-6-4.jpg

 

ここが工場☆☆

 
12-6-5.jpg

 

モリモーリ「王様から、モリモーリ星の

お土産を作るようにいわれたのでこういった

僕の形をしたおまんじゅうを今から作ってくれ!!

材料は○○○と、○○と・・・・」

工場の人たち「・・・・・」(正気か!?)
モリモーリ「他の星にも置いて貰う予定なので、

ざっと5万箱作ってくれたまえ!!」

 

工場の人たち「え〜!!!!それはまずいんじゃ・・・」

モリモーリ「絶対売れるから大丈夫だって!!

王様も僕に任せてくれたんだからみんなも僕の

言う事を信じて!!」

工場の人たち「は、は〜い」

 
12-6-6.jpg

 

そして遂に完成、モリモーリ饅頭!!

 
11-6-7.jpg

 

モリモーリ「お土産も完成したし、僕もう帰るね!!」

 

王女「え?もう行っちゃうの?またいつでも

戻ってきてね。」

 

王様「お土産わたしが食べ次第、

また連絡するからな!!」

モリモーリ「うん!!色んなところに

もう売っといたから〜!!」

 

王様「え!!どうゆうことだ!!!・・・」
ということでモリモーリくんはキャラコム星に

帰って行きました。この後モリモーリ星では、

大量のクレーム電話と慰謝料請求、返品の対応で

てんてこ舞いになりました。

果たしてクリコムちゃんたちは、この汚名がはらせる

ほどのお土産が作れるのか!??乞うご期待☆☆

 

 

 

Top