2016/0112

お母さんの弱点にぃ!?


こんにちくりこむ♪

 

1.8-2

先日モリモーリ君から愛犬チェルシーの

育て方を教えてもらってから、クリコムは

チェルシーの事が心配で仕方がないんだにぃ。

 

16.1-12-1

クリコム(あのままじゃ駄目だよにぃ。一度

モリモーリ君とチェルシーを引き離さなくっちゃにぃ。

よし!今日モリモーリ君に相談してみるかにぃ!!)

 

クリコム「モリモーリ君、チェルシーともっと

仲良くなりたいから、今日はクリコムのお家に

チェルシーをお泊まりさせてもいいかにぃ??」

 

16.1-12-2

 

モリモーリ「・・・うん、いいよ〜。ついでに散歩

しといてね。」

 

クリコム「うん。分かったにぃ〜♪」

(案外すんなり引き離せたにぃ!びっくりこむ!)

 

モリモーリ(おい!チェルシー。僕もこっそりついて

いくからね!指示どおり動くんだよ。)

 

チェルシー「ワン」

 

 

こうしてお家にチェルシーを連れて帰り

お母さんに事情を話したんだにぃ。

 

 

16.1-12-3

 

クリコム「モリモーリ君の愛犬チェルシーって

いうんだけど、モリモーリ君に色々と洗脳

されているみたいでとってもかわいそうなんだにぃ。

クリコム見ててとっても辛いから、たまにクリコムが

チェルシーの面倒をみてもいいかにぃ??」

 

 

16.1-12-4

 

クリコム母「ちょっと待って。モリモーリ君は

いいって言ってくれたの??愛犬なんでしょ。

洗脳なんておおげさな気がするけど・・・。」

 

モリモーリ(あれ?クリコム母の様子がおかしいぞ。

チェルシーちょっと近づいてみて。)

 

チェルシー「ワン!」

 

クリコム母「キ・・キャー!!!」

 

 

16.1-12-5

 

クリコム母「こ・・・こないで、こないでぇぇ〜!!」

 

クリコム「お母さん大丈夫かにぃ!?」

 

クリコム母「チェルシーを早くモリモーリ君に

返してきなさい!!!」

 

クリコム「ひぃぃ!!はーいだにぃ!!」

 

まさかお母さんが犬が苦手だなんて

知らなかったにぃ。だから過去にクリコムが

ペットが欲しいと言ったとき反対されたんだにぃ。

 

16.1-12-6

モリモーリ(クリコムのお母さんの弱点を

知る事ができたぞ〜。これは今後使えそう

だな〜。ニヤリ)

 

こうしてこの日は事情を説明し、

チェルシーはモリモーリ君に渡したんだにぃ。

(お散歩はちゃんとしてから渡したにぃ。)

 

 

 


コメント

  • 梨汁RR より:

    クリコムちゃん。こんばんは。
    まさかのお母さんチェルシー苦手問題。
    お母さんが小さい頃とか苦手になってしまうような事があったのでしょうか??
    嫌いとかではなくちょっと…みたいな感じですので気になりますね。
    モリモーリ君の不敵なニッコリも気になります。

    • クリコム クリコム より:

      梨汁RRさん★
      モリモーリ君はいつもクリコムのお母さんの弱みを知りたがっていたからにぃ。
      クリコムの中でお母さんは苦手なものなんてないのかと思っていたから
      びっくりこむだったにぃ。

コメントを残す

Top