2014/0411

ワクワクドキドキの参観日にぃ〜♡


こんにちくりこむ♪
今日はクリコムの学校の授業参観の日にぃ♡
おはくりこむ
クリコム「お母さん★今日13時からだからにぃ〜♪
     学校に行ってきますにぃ〜♡♡」
クリコム母「いってらっしゃい〜♪」
お話
学校に着いたにぃ♪
クリコム「モリモーリ君おはくりこむ♪今日の授業参観に、お父さんか
     お母さんは来るのかにぃ??」
モリモーリ「ぼくの親は来ないよ〜!来ないほうが気楽でいいよ〜♪
      怒られなくてすむしね〜♪」
クリコム「そうゆうものなのかにぃ〜??クリコムは来て欲しいにぃ♪」
モリモーリ「授業参観に親が来ていい事なんてあるの〜?」
クリコム「日頃学校で頑張ってるところを見てもらえるんだにぃ♪
     それって嬉しくないかにぃ??今日はお母さんとうさぎさんが
     来てくれるからもっと楽しみなんだにぃ〜♡♡」
モリモーリ「うさぎさん来るんだ〜♪それは楽しみだね〜★★」
(お昼ご飯食べた後だから、うさぎさんお昼寝しないか
 本当は少し心配なんだにぃ・・・。大丈夫かにぃ・・・。)
そして、13時にぃ。
アイス先生
アイス先生「今日は授業参観です。みなさんに以前書いてもらった
      作文を読んで貰おうと思います。順番に前にでて、発表して
      下さいね。」
生徒「は〜い!!」
4-11.jpg
クリコム母「クリコム!!クリコム〜!!やっほ〜★ね〜ね〜、こっち向いてよ〜♪
クリコム「・・・・・・・・」
(お母さん・・・。すっごく気合い入っているにぃ・・・。
 あまり顔合わせたくないにぃ。)
クリコム母「あっ!!アイス先生!!娘がいつもお世話になっています!!
      今日も素敵ですね〜♡♡」

アイス先生「・・・・・・・」
クリコム(本当にやめて欲しいにぃ・・・。あれ、うさぎさんきてないにぃ。
     やっぱり寝ちゃったのかにぃ〜。)
やっぱり寝てる
※そうです。うさぎさんは、食後のお昼寝をしてしまいました。
 やっぱり参観日には来られませんでした。
クリコム作文
アイス先生「じゃぁ次、クリコムさん。」
クリコム「はいにぃ!!」
    「クリコムのしょうらいの夢にぃ
     クリコムは大きくなったら、お母さんみたいにお料理、
     お裁縫が出来るアイドルになりたいにぃ♡
     アイドルのオーディションをいくつかうけてるんだけど
     なかなか合格できないんだにぃ。これからも諦めずに
     オーディションを受けていきたいと思いますにぃ♪」
癒し〜
クリコム母(お母さんとっても嬉しいわ♡♡私の娘!!可愛すぎるわ!!)
モリモーリ作文
アイス先生「次、モリモーリさん」
モリモーリ「は〜い!!」
     「ぼくのしょうらいの夢 
      ぼくは大きくなったら、ぼくの生まれ故郷、モリモーリ星
      の王様になることです。王様の仕事っていっても、とっても
      簡単そうだし、ぼくのお父さんでもなれる職業だから、
      きっとぼくでもできると思います。ぼくが王様になったら、
      毎日助手に仕事を任せて毎日マンガを読んで暮らしたい
      です。」
     (・・・・何か怖い視線を感じるぞ・・・。)
モリモーリ父怒る
モリモーリ父「モリモーリ!!!なんなんだ!!その作文は!!!!
       お前には王様の席は譲らんぞ!!!」
ひぃぃぃ!!
モリモーリ「ひぃぃぃ!!!お・・・お父様!ぼくの通信機で聞いていた
      のですね!!!」
モリモーリ父「学校が終わったらすぐに家に帰って来なさい!!」
モリモーリ「ひぃぃぃ〜!!!・・・・分かりました。」
モリモーリ君は学校が終わってから、すぐにモリモーリ星に帰って行ったにぃ。
クリコムは、学校帰ってから、お家でいっぱい褒められてよかったにぃ〜♡♡
今日も美味しいお菓子、いただきますにぃ〜♪(◆*’v`*)


コメント

  • 梨汁RR より:

    クリコムちゃん。こんばんは☆
    お母さん気合入ってイイ感じだったみたいですね。
    たまにはこういう機会があったほうがクリコムちゃんも
    お母さんも楽しみでイイですよね。
    うさぎさん・・・やっぱりでしたか。
    でも次の機会に取っておくのも良いですよね♪
    「お母さんのようになりたい」とか言われたら超うれしいと思います。
    お母さんてホント凄いのでクリコムちゃんは大正解だと思います!!

  • クリコム より:

    こんにちくりこむ★☆(◆*’v`*)ちょっと気合い入りすぎてて少し、恥ずかしかったにぃ~!!(=艸=。)でもやっぱり授業参観に来てもらえるは嬉しいにぃ~★☆

コメントを残す

Top