2014/126

モリモーリ君がコメコ村に戻ってきた訳・・・にぃ♪


こんばんくりこむ♪♪

モリモーリ君のお誕生会の日、モリモーリ星に

帰ってきてもいいと言われて、コメコ村の

みんなとお別れしたモリモーリ君だったんだけど、

丸一日で、コメコ村に戻ってきたんだにぃ!!

戻ってきた理由を聞いても、あいまいにしか答えないんだにぃ。

 

1206-1

 

オネエが気になって、「モリモーリ星に行って真実を聞きにいかない??」

って今日クリコムを誘ってきたんだにぃ♪♪

クリコム、今日はとっても暇だったから、オネエとモリモーリ星に

お出かけしたんだにぃ♪♪

 

あっという間にモリモーリ星に到着にぃ♪♪

モリモーリ星はいつ行っても気温が20℃前後で本当快適だにぃ♡

 

1206-3

 

オネエ「お父様〜!!オネエです!!おじゃましますね〜!」

 

クリコム「おじゃましますにぃ★」

 

王様「あ〜!!忙しい!!忙しい!!7世がしでかした

せいで、今週はずっと忙しいぞ〜!!!」

 

クリコム(何だか王様とってもパニクっているにぃ・・・。

お邪魔しても大丈夫なんだろうかにぃ・・。)

 

 

1206-2

 

王女「いらっしゃい♡♡オネエちゃんに、クリコムちゃん♡

王様ね〜、7世が問題起こしてから、ずっと忙しくて

ちょっとイライラしているの♡今お茶入れるから、

むこうのお部屋でお話しましょ♡♡」

 

クリコム(今度は一体何をしでかしたんだにぃ・・・。)

 

オネエ「お気遣いありがとうございます。お母様。

私も手伝いますわ♡」

 

王女「あら、オネエちゃん♡とっても気が利くのね♡♡

ありがとう♡」

 

 

1206-4

 

王女「ところで、今日は何しに来たのかしら??7世は

コメコ村に帰ったはずよね〜♡♡」

 

オネエ「はい、学校にも戻ってきました。あの、モリモーリ星で

モリモーリは何をしでかしたんですか??モリモーリ

ちっとも私に教えてくれなくて・・・。気になって

お母様のところまで来ちゃいました♡」

 

王女「あら、そうなの!彼女のオネエちゃんにも教えない

なんて、7世駄目ね〜!!オネエちゃんはモリモーリ星に

帰る為に引っ越しの準備をしていたから、7世がした事を

知らないのね!!実はモリモーリ星民を騒がせる問題を

起こしちゃったのよ。今は、王様の権力で、星民達も落ち着いて、

何事もなかったかのようになっているんだけど、大変だった

んだから〜。

じゃぁ今から詳細を話すわね♡♡」

 

 

1206-5

 

※注意:ここからは王女の妄想も含まれています。ご注意ください!!

 

王女「お誕生会が終わったあと、7世が、

お父様とお母様と今日は一緒に寝てもいいですか?って言うから

仲良く川の字で寝たの。そこまでは良かったんだけど、」

 

 

1206-6

 

王女「寝る前に、7世がこれで僕も王様に一歩近づけるかな?

って言ったの。それに王様が、お前のがんばり次第できっと

いつかなれるはずさ。って言っていたの。きっとそのとき7世は

勘違いを起こしてしまったの。」

 

 

1206-7

 

王女「次の日、私たちが起きた頃には7世はもういなかったの。

早朝から、工事の音がうるさいと思っていたら、工事していた

のは7世だったの。」

 

 

 

1206-8

 

王女「7世は早朝から、人を雇って自分のほこらを

作りあげていたの。」

 

クリコム(すっごく悪趣味だったんだろうにぃ・・・。)

 

王女「もちろんそんなほこら、すぐにとり壊ししましたよ。」

 

クリコム(よかったにぃ・・。)

 

1206-9

 

王女「ほこらにモリモーリ星の記者を呼びつけ、7世は

みなさんビックニュースがあります!7世は今日から

モリモーリ星の王様になります!!今の王様は引退

しま〜す!!とデマを記者達に伝えてしまったの。」

 

 

1206-10

 

王女「その日の夕刊をみた、モリモーリ星民達は

大パニック!!何で7世なんだ!!と苦情

が相次いで、本当大変だったんだから!」

 

オネエ「そんな事があったんですね。」

 

王女「そうなのよ。他国まで情報が流れてしまって

7世が王様なら貿易は無効にしてくださいという

国が出てきて、もう相当やばかったわよ。」

 

1206-11

 

王女「この記事を見た王様は7世に事情を聞くと、

7世はただ、モリモーリ星に帰還しました。

次王様になるのは僕だからよろしく!!・・・的な

事を言ったと言っていたけど、私はそんな事ないと

思うの。それ位なら、記者もこんなに騒ぎたてないわ。

怒った王様は、「お前がモリモーリ星にいると厄介事が

増えるだけだから、コメコ村にいたほうがいいわ。」

と言って、再度コメコ村への留学命令を出したの。」

 

 

1206-12

 

王女「その後、1世のニュース番組で、モリモーリ星民

に夕刊は誤報だった事を伝えて、大分騒ぎはおさまったのよ。」

 

 

1206-13

 

 

 

クリコム「そんな事があったんだにぃ〜。」

 

オネエ「わかったわ。じゃあ当分モリモーリはコメコ村に

住むのね。」

 

王女「そうね。そっちの方が、モリモーリ星は平和になるし、

コメコ村では7世楽しくやってるんでしょ♡一石二鳥だわ♡

・・・あ、オネエちゃんごめんね〜。もう引っ越しの

準備終わっちゃったわよね・・・。」

 

オネエ「いいんです♡また違うマンション探しますから。」

 

クリコム「そろそろ、帰らなくっちゃにぃ。」

 

王女「そうね。今日はわざわざ来てくれてどうもありがとうね♡

これからも7世と仲良くしてあげてね♡」

 

クリコム「分かったにぃ〜♡」

 

こうして、クリコムとオネエはコメコ村に帰りましたにぃ♪♪

 

 

明日は日曜日、うさぎさんとでも遊ぼうかにぃ〜♪♪

みなさんはどんな休日過ごしますかにぃ??

それでは、おやすみなさいにぃ♡♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント

  • 梨汁RR より:

    クリコムちゃん。おはようございます。
    かなり大事になってしまっいましたね・・。いろいろキャラなモリモーリ君ですが
    今回はどうしたのでしょうか??ただの暴走なのならいいのですがちょっと心配ですね。
    コメコ村に戻ってくるのでしたら結果的にはまた楽しく過ごせてよかったですよね☆
    お母さんもモリモーリ君宅の部屋の掃除が忙しくなりそうですね。
    今日は何も予定がありませんので録画しておいたテレビ番組を見たいと思います。
    インフルエンザがはやっていますので流行にのらないように気をつけて下さい。

    • クリコム クリコム より:

      梨汁RRさん♪♪
      モリモーリ君はモリモーリ星にいると、
      毎回むちゃくちゃな事をしでかしている気がするにぃ〜。
      コメコ村では全然問題起こさないんだけどにぃ・・。

      コメコ村の学校でも風邪ひきさんが何人かでてきたにぃ。
      クリコムも風邪には気をつけるにぃ。
      梨汁RRさんも気をつけてにぃ。

コメントを残す

Top